【超初心者向け】暗号資産を扱うウォレットとは?秘密鍵と公開鍵の特徴も合わせてわかりやすく簡単に紹介!

世の中にはお金(法定通貨)を保管するものとして財布や金庫があるのは知っている方は多いでしょう。

暗号資産にも管理するものとしてウォレットが存在しており、今回はウォレットについてサクッと紹介していきます。

ウォレットとは?

ウォレットとは暗号資産(仮想通貨)を保管しておく場所のことです

現実世界でいう財布と同じことを指します。

暗号資産でも法定通貨と同様に管理できる場所を考えないといけません。

そのために考えられたのがウォレットという概念です。

ウォレットには様々な種類が存在しており、それぞれセキュリティの高さや使い勝手など異なります。

例えば、オンラインウォレットという種類のウォレットでは基本的に仮想通貨取引所で管理されているウォレットを指しており、セキュリティの高さや使い勝手は仮想通貨取引所によって異なります。

ウォレットの公開鍵・秘密鍵とは?

ウォレットを使って仮想通貨を誰かに送金するときは、秘密鍵が必要になります。

秘密鍵を使ってウォレットアドレスを生成し、それを使用します。

これは暗証番号と同じような感じでイメージすると分かりやすいかと思います。

現実の法定通貨に例えるなら、自分の銀行口座から他人の銀行口座にお金を送金したい場合は、暗証番号が必要になるのでそれと同じです。

逆に相手から仮想通貨を自分のウォレットで受け取る場合は、相手の公開鍵が必要になります。相手が公開鍵を使ってウォレットアドレスというのを生成してそれを受け取る側に通知してもらい、使用します。

ウォレットの種類

仮想通貨ウォレットにはホットウォレット(オンラインウォレット)とコールドウォレット(インターネットに接続しない)の2種類がありますが、さらに細分化することができます。

オンラインウォレットの中にウェブウォレット(取引所)・モバイルウォレットがあり、コールドウォレットの中には、ペーパーウォレット・ハードウェアウォレットが存在している。

ウォレットの種類を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

おわりに

今回は、仮想通貨を扱う際に知っておく必要があるウォレットと公開鍵・秘密鍵について紹介しました。

コイン総合研究所では、暗号資産(仮想通貨)初心者のための解説や、お役立ち情報を配信しています。

ほかの記事もぜひご覧ください。

(執筆:前田)

Related Articles

jaJapanese